施術の流れ

施術の流れ(図)

当院の施術は、症状の根本原因である上部頚椎の微調整です。施術時間は数分で終了しますが、施術の後に30分~60分間の頚椎を安定させるための休息時間を設けております。

なぜなら、上部頸椎の施術は非常に精密でミリ単位の調整が行われます。そのため、施術後は頚椎をしっかりと安定させるため安静にする時間が必要なのです。また施術直後は、体を治す働きを活発にさせる副交感神経の働きが優位になるため、安静にすることがより早い回復の手助けになります。

所要時間は合計で90分前後と一般的な治療に比べて少し長くなりますので、お時間に余裕をもってお越しくださる様お願い申し上げます。

カウンセリング・検査(15分)

まず始めは、カルテの記入と入念なカウンセリングを行ってから検査に入ります。

検査は、背骨に歪みや背骨の中を通る脊髄に異常があると反応する検査機器「タイトロン」や、身体の歪みを測定する「姿勢分析器」等を使います。

検査によって、現在の身体の状態を正確に分析します。

検査結果の説明(15分)

続いては様々な角度から分析した検査結果を基に、不調の原因を、写真や模型を使ってわかりやすく説明します。

当院では、施術前に検査結果の説明をする時間を15分前後設けてあります。

そのため会話や説明がスムーズに進むように対面形式を採りいれております。

施術(数分)

そして、いよいよ施術です。

施術方法はジワジワと上部頚椎を微調整していくので、少し押される感覚はありますが痛みは全くありません。

人によっては気持ち良いと感じる程です。(首を施術する理由は、「なぜ首を施術するのか」で解説しております。)

基本的には施術直後より時間経過と共に改善をしていくので、その場で変化が感じられなくても心配は要りませんが、場合によって施術直後から患部が温かくなったり、痛みが軽減されたり変化が現れる方も多いです。

変化は症状の軽減をはじめ、身体がポカポカと温かくなったりお腹がグルグルと動きはじめる方など、体内の変化も起こります。

安静(30分~60分)

最後は、「なぜかよく眠れる」と好評のお休みタイム。

ただ休んでいるのではなく、頸椎は基よりカラダ全体を安させるために必要な非常に大切な時間です。約30分~60分間、スヤスヤと夢見心地でお休みください。

なぜ安静に必要があるのか?
体を治す働きは主に自律神経の副交感神経が主役です。

上部頚椎を調整(施術)した直後は、その副交感神経の働きが最大限に発揮されている状態です。この状態が非常に重要で、この働きによって不調箇所の改善がなされています。

ところが、施術直後すぐに日常生活に戻ってしまうと、副交感神経の働きが弱くなるので治癒力も低下してしまうのです。そのため当院では施術後に必ず約30分~60分の安静の時間を設けています。

確認検査(5分)

最後は、もう一度検査をして身体の変化を確認します。
調整をしたのは首だけですが、背骨をはじめ骨盤などの全身の変化を画像で確認できます。

Before After

こちらは、背骨の左右の微妙な表皮温度差を正確に測定できる検査機器での検査結果です。

赤やオレンジで表示されるのは、左右で温度差があるということです。温度差がある場合は何かしらの神経病理的な異常が疑われます。

Before After

右が施術前で、左が施術後です。
1回の施術で、背骨の温度差がなくなり、神経が正常な状態になったことがわかります。

アフターケア(10分)

最後に調整当日と日常生活の注意事項、そして今後の通院計画をご説明して全て終了となります。ここまでで約90分です。

※初めての方は90分ほどの時間ほどのお時間をいただく可能性があります。ご了承くださいませ。

当院では、このような検査結果がお分かりいただける資料を皆様にご提供しています。ご希望の方はお申し出ください。

皆様からは自分の体の状態や、改善しているかどうかが目に見えて分かるとご好評いただいております。
※現在は中止しております。