病院では治らない症状をお持ちの方へ

症状が改善したと感じた患者様91.9%

なぜ病院でも治らなかった症状が治るのか?

当院では、すべての症状を上部頸椎(首の付け根)の施術によって改善することができます。

なぜなら、コリや痛みの要因である体の「ゆがみ」は、上部頚椎の変位が原因で起こるからです。

また、上部頚椎を調整することで神経伝達が正常になり、脳幹の働きが活性化され自律神経が整います。

自律神経が整うことで、呼吸器系、循環器系、消化器系、婦人科系などが本来の働きを取り戻すので、動悸やめまいなども改善することが出来ます。

特にお悩みの多い3つの症状の原因とは?

ストレートネック

首は本来、軽く弯曲(前弯)しています。弯曲は首だけではありません。背中や腰にも弯曲があり、正常な背骨を横からみるとS字になっています。

この弯曲が頭の重さや上半身の重さを上手に吸収して、負担を分散させています。

ところが長時間のパソコンやスマートホンの使用で下を向くことが多くなると、弯曲が徐々になくなりストレートになります。実はこの時、腰の弯曲も同時に無くなっている場合や、逆に補正作用で弯曲が増強する反り腰になっている場合が多いのです。

そのためストレートネックだからと首や肩だけ治療をしても、根本的な解決にはならないのです。

上部頚椎の施術で背骨全体を整えることが、ストレートネックでも必要不可欠なのです。

頭痛・めまい

緊張型頭痛やめまいは、首の筋肉の緊張によって引き起されます。

首の筋肉が緊張すると、頭部の筋肉が引っ張られ締め付けられるような痛みが伴い頭痛になります。

また、首の筋肉が緊張すると脳へ血液を運ぶ頸動脈などが圧迫され、血液の流れが悪くなることでめまいが起こります。

上部頚椎の施術は他の治療に比べ特に首への負担軽減が望めるため、結果的に頭痛やめまいの改善につながります。

椎間板ヘルニア

椎間板症ヘルニアは、頚椎にせよ腰椎にせよ起こる部位は決まっています。頚椎ならば4番~6番、腰椎なら3番~5番の間です。それ以外で起こることはほとんどありません。

ではなぜ決まってその部位に起こるのか?決してヘルニアが起きている部位に原因があるのではありません。

原因は背骨の歪みです。ヒトの背骨は、歪みが生じると必ず頚椎と腰椎に負担が集中する構造になっているのです。手術をしても数年で再発してしまうのは、そのためです。

上部頚椎の施術で歪みが解消されれば、椎間板にかかる負荷が解放され痺れや痛みといった椎間板ヘルニアの症状が消失していきます。また、直接椎間板ヘルニアの部位を施術るのではないので、症状悪化の心配はありません。

※髄核が脱出している場合は手術を優先します。

当院で実際に施術を受けた患者様の感想

練馬区在住の38才女性

病院で検査をしたら椎間板ヘルニアになっていると診断されました。治療は神経ブロック注射をしていましたが、なかなか改善しなかったので色々な治療を試しましたが、最終的には手術をすすめられてどうするか悩んでいました。

ですが今では何事も無かったかのように痛みが無くなって快適に毎日を過せています!

日野市在住の26才女性

小学生の頃から頭痛や肩こりがひどくて、最近では薬を飲んでもほとんど効かない状態でした。

吐き気やめまいも出てきたので病院で様々な検査をしましたが、どこも異常なし。病院では無理だと思って整体や針など色々と試したのですが結局よくなりませんでした。

1回目の調整後から、めまいと頭痛が軽くなって本当に驚きました。その後も順調で、調整を受けるたびに良くなっていくのを実感していました。今では肩こりが少し気になる程度で、頭痛と吐き気とめまいは完全に無くなりました!

症状が改善すると、こんな事ができるようになります