膝痛の改善について

膝の痛みによる日常生活への影響

つらい膝痛に悩む男性

  • 膝が痛くて、日常生活に支障が出ている
  • 階段の昇り降りができない
  • 変形性膝関節症と病院でいわれた
  • 手術が必要だと言われたが、できれば回避したい
  • 痛み止めやリハビリの効果が感じられない

生活するうえで膝はとても重要な部位です。立って歩くために欠かせないだけでなく、血液の循環にも大きな役割をはたしています。しかし、さまざまな理由で膝に痛みや違和感を抱える方の数は非常に多く、自覚症状がある方だけで約1000万人、潜在的な患者数は3000万人にも達するといわれています。

膝痛で病院や整骨院に通っても、手術か痛み止めしか手段を提示されずにお困りの方も多いのではないでしょうか。加齢やスポーツ等による膝の痛みはつきものだとあきらめてしまう必要はありません。正しい整体施術を受けることで、膝痛は改善できる可能性があるのです。

膝痛の根本原因を正しく把握して改善しましょう

膝痛から解放されると運動も楽しめます

膝の痛みで病院や接骨院の治療を受ける際、大半は痛んでいる場所を中心に施術します。しかし、痛みの原因が改善されないのでは、その場限りの効果しか得られません。

実は、痛みが膝に出ているからと言って、症状の根本原因が膝にあるとは限らないのです。身体に歪みが生じバランスが崩れ、左右どちらか一方の脚に負荷がかかる姿勢になって膝痛が発生している場合は膝だけを施術しても意味がありません。

立川市にあるオフィスタカハシでは、症状の出る原因を追求し改善することに力を入れ、「症状が出ないカラダ」になるよう施術していきます。身体そのものを正常化することで自然治癒力や免疫をより強くし、健康な状態へ導きます。

膝痛が生じる原因について

変形性膝関節症は若くても起こります

膝が痛む直接の原因は、なんらかの原因で膝の軟骨がすり減ってしまうことにあります。膝は、太ももとふくらはぎを繋いでいる大切な部位です。これらは筋肉と腱で繋げられており、それぞれの骨の間には軟骨があって負荷や衝撃から骨や神経を守る役割をはたしています。

しかし、この軟骨がすり減ってしまうと、クッションがなくなった骨や神経が直接触れあってしまい、痛みを引き起こすのです。この状態を「変形性膝関節症」と呼びます。痛む膝をかばって動くことで姿勢が悪くなったり、腰や背骨に負担をかけてしまい、別の症状が出てくることも。

変形性膝関節症は高齢者特有のものと思われがちですが、決してそうではありません。スポーツやO脚、骨折や捻挫等も症状を引き起こす原因になります。若い人にも無縁のものではないということを知っておく必要があるでしょう。

膝痛にはリウマチに由来するものもありますが、この場合は医師の診断が必要です。正確な状態を知るには、整形外科等で診察を受けることをおすすめします。

他院で改善できなかった膝痛も当院にお任せください

施術で根本から膝痛を改善しましょう

オフィスタカハシは、日本でも数少ないスペシフィックカイロプラクティックを用いた施術を受けられる治療院です。

上部頸椎(首)のバランスを整えることで全身を正常な状態に導く施術は、非常に高度な技術が必要になるものです。他院では症状が改善しなかった方、手術しか方法がないと診断された方の施術も数多く担当してきました。改善率91.9%を誇る「究極の自然療法」をぜひ体験してみてください。

国家資格を持つ院長が最適な治療プランをご提案いたします。初めての方にも安心の明朗な料金体系と、施術前の綿密なカウンセリングもポイントです。

根本から膝痛を治して健康な日々を送りたいと願うなら、オフィスタカハシを選ぶのが回復への近道です。ぜひ当院までご相談ください。

膝痛が改善された方々からの声・口コミ

杖なしで歩けるようになりました

H.T様/立川市在住の84才女性 chat

立川市在住の84才女性

膝が痛くて杖無しでは歩けませんでした。

施術を受けた後には、膝の痛みはまだあるが、おかげ様で杖が無くても歩けるようになりました。

好きだった庭いじりもできるようになって、本当に嬉しいです。

※施術効果には個人差があります。