むちうちの改善について

むちうちから生じる悩み

むちうちに悩む女性

  • 交通事故の後から頭痛、不眠、腰痛等に悩まされている
  • 首や肩、背中の痛み、しびれがずっと続いている
  • しつこい肩こりや全身の倦怠感、関節痛
  • 天気によって症状が変わる

 

首の回る範囲が狭くなったり、ずっと違和感が残っている等の症状はむちうちによるものかもしれません。むちうちは、適切な診断と治療を受けないと自然に治ることは決してありません。

我慢できる範囲だからと放置したり、自己流の治療を続けていると重大な後遺障害の原因にもなることが知られています。

 

むちうちには原因療法が効果的です

解説する女性

交通事故や転倒のあとは、まず整形外科や神経内科で診察を受けることが大原則です。骨折や脱臼等の、レントゲンで判別できる負傷はここで発見できるでしょう。ただし、レントゲンは骨を診るための機械で、筋肉や神経の状態までは詳しく診断することができません。そのため病院では簡単なリハビリと投薬だけで治療が終わってしまうことが多いです。

しかし筋肉や神経に受けたダメージは、数日経ってから現れることも珍しくありません。ダメージを受けた筋肉や神経が、ひとりでに正しい位置へ戻ることはありません。一般的な整骨院では、痛みのある部位を中心に施術する対症療法しか行っていないことがほとんどです。

大切なのは身体全体を「症状の出ない状態」に持っていくことです。オフィスタカハシでは、多くの疾患の原因を頚椎にあると考えています。痛みを原因から取り除く「原因療法」で頚椎を正しい位置に調整し、身体全体を健康に導きます。

むちうちが起きる原因について

むちうちになる原因

むちうちは「外傷性頸部症候群」と称される疾患です。症状やダメージの度合、位置等によって5つのタイプに分類されますが、最も多いのは「頚椎捻挫型」と呼ばれるタイプです。これは大きな衝撃を受けることで筋肉や靱帯に傷がつくことで発症します。その名の通り、捻挫と同じ状態だと考えると良いでしょう。

より強い衝撃を受けると、筋肉や靱帯では衝撃が受け止めきれずに自律神経まで到達してしまいます。この状態を「バレ・リユウー症状型」と呼びます。不眠やめまい、情緒不安定等の精神的症状が現れる場合は、こちらを疑ったほうが良いでしょう。

むちうちは首に衝撃を受けることが原因だと一般的に言われています。オフィスタカハシでは、痛みの原因は第一、第二頚椎にあると考えています。頭の重さを支えている第一、第二頚椎のズレやゆがみを微調整することで、痛みの原因を取り除くことができるのです。

むちうちの改善は立川のオフィスタカハシの施術におまかせください

施術を受ける女性

オフィスタカハシの施術は、各種整体のなかでも高度な技術を必要とする上部頸椎への施術を専門としています。日本でこの施術を受けられる治療院は非常に少なく、遠方からの患者さまも数多く来院しています。施術直後から、首の筋肉が柔らかくほぐれてポカポカと温かく感じられるという嬉しいお声を頂くことも。

施術歴18年、施術実績のべ20000人以上の経験を持つ院長が、豊富な知識と確かな技術力で患者さまひとりひとりの症状に寄り添って施術を行います。他の病院で症状が改善しなかったむちうちの症状が、6回の施術で完治したというケースもあります。症状が起きる根本原因を丁寧なカウンセリングと検査で見つけ出し、的確に治療するからこその実績と言えるでしょう。

痛みをほとんど感じないソフトな施術ですので、女性やお子様でも安心です。痛みや不快のない快適な毎日を手に入れたいなら、ぜひオフィスタカハシにご相談ください。