立川の整体 オフィスタカハシ HOME > なぜ首を施術するのか

なぜ首を施術するのか

あなたのつらい症状の根本原因は、首に隠されています!

あなたを苦しめるコリや痛みの根本原因が、実は首(上部頚椎)にあるかもしれません。

首の骨(頚椎)は計7個から成りますが、上から一番目(第一頚椎)と二番目(第二頚椎)の二つを合わせて「上部頚椎」といいます。

上部頚椎は背骨の中で唯一の特殊な関節構造になっていますが、それは5kg前後もある重い頭を真下で支えると同時に、それを前後・左右にも動かさなければならないからです。

そのため他の背骨と比べると可動性は非常に優れていますが、逆に連結構造は弱いという欠点があり、必然的に変位がおきやすい場所になります。

また背骨の中には脳から伸びる「脊髄」という中枢神経が通り、全身に分布している神経はこの「脊髄」から枝分かれをしています。

背骨の最上部にある上部頚椎は脳から伸びる脊髄が最初に通る場所で、全身に伸びる神経のほとんどが上部頚椎を通り全身に分布していることになります。

したがって上部頚椎は背骨の中で「最も神経が集中している場所」であり、神経学的見地からも非常に特殊な場所なのです。

この上部頚椎に変位(ズレ)が生じると、体に様々な不調・問題を引き起こしてしまいます。

コリや痛みの要因の一つとして、体の「ゆがみ」が大きく関与しています。
実はこの「ゆがみ」、自然発生的に起こるのではありません。姿勢の悪い生活習慣と、それにより引き起される上部頚椎の変位が原因で起きていたのです。

姿勢の悪い生活習慣により上部頸椎に変位が生じると、体のバランス軸となる「頭」が傾くことで全身のバランスの崩れへと発展します。

したがって頭痛だから頭に・・・、肩こりだから肩に...、腰痛だから腰に...など、それぞれの部位に異なる原因が存在するのでは無く、全ては上部頚椎の変位から起きた結果の症状に過ぎません。

そのため、症状部位を治療する対処療法では根本からの改善は望めず、上部頚椎を施術しなくてはならないのです。

健康を維持するために重要な働きをしているのが自律神経ですが、その自律神経の中枢が脳にある「脳幹」です。

脳幹は頭部の下方に存在し脳の働きの中でも重要な「生命維持機能」を司り、人間が生まれてから死にいたるまで24時間休むことなく働きます。

呼吸や心拍の調整、血流や体温の調整、ホルモン分泌や消化吸収の調整など、人間が生きていくうえで必要不可欠な働きを調整する役割を担っています。

上部頚椎に変位が生じると脳幹と体との間で「神経の伝達妨害」が起こり、同時に脳幹への「血行不良」をも引き起こされます。

すると自律神経の中枢である脳幹の働きが低下するため、体の調整機能が低下し様々な異常が発生してくるのです。これが、いわゆる「自律神経失調症」の状態です。

上部頚椎を調整し神経伝達が正常になることで、脳幹の働きが活性化され自律神経が整います。

その結果、これまで低下していた身体内部の働きが向上することで、呼吸器系、循環器系、消化器系、婦人科系など等が本来の働きを取り戻し、薬などに頼らない本当の健康な身体へと変わっていくことになるのです。