院長挨拶

はじめまして。院長の高橋です。

シビレや痛みが辛い椎間板ヘルニア、首肩・肩甲骨の痛みを誘発するストレートネック、日に日に増える頭痛薬や立ち仕事による慢性腰痛。

しかし、頼みの病院では思うように改善しない・・・

当院は、その様な方々の駆け込み寺として存在し、「もみほぐし」や「一時しのぎの対症療法」で誤魔化すのでは無く、『根本からの改善』を至上命題に掲げ、これまで多くの方々に感謝のお言葉を頂戴してまいりました。

▼ 当院の院長はあんま指圧マッサージ師の国家資格保持者です。

また、現在もカイロプラティックの本場で行われるセミナーや学会の出席を重ね、勉強を重ねています。

▼ アメリカSHERMAN COLLEGE of CHIROPRACTICにて行われたセミナーに参加しました。

こちらは年1回、世界中からカイロプラクターが集まるセミナーで、世界で活躍しているドクターから直接ノウハウを学べる、希少なセミナーです。

▼ 米国で上部頚椎を専門に行うスペシャリスト集団
「Upper Cervical Health Centers」に訪問した時の写真です。

院長プロフィール

出身地

東京都

血液型

典型的なB型です。

特技

学生の頃は円周率を100桁以上言えましたが、今では30桁が限界です。

ハマっていること

5歳と2歳の子供の寝顔を見ることですが、ベッドに寝顔を見に行くと子供が目を覚ますので家内にいつも怒られます。

休日の過ごし方

最近の休日は長男の自転車練習の付き合いです。
家族みんな温泉好きなので、温泉にもよく行きます。

好きな食べ物

和食なら何でも好きです。

嫌いな食べ物

ちょっと恥ずかしいのですが子供の頃から人参が苦手です。

性格は...

他人からは温厚だと言われますが、自分では短気でせっかちな性格だと思っています。

家族構成は...

心優しい?家内と5歳の長男2歳の次男の4人家族

院長の来歴

  • 父が医師という環境に生まれ幼い頃より医療に関心を持つ。
  • 専門課程で基礎医学を3,000時間以上学び医療系国家資格(第126028号)を取得。
  • 同時に、100種類以上あるカイロプラクティックの中において、最も高度な技術が要求される「スペシフィックカイロプラクティック」の道へ。
  • 更に研究を重ね、2006年4月現所在地の立川市にて、日本では数少ない上部頚椎専門のスペシフィックカイロプラクティック「オフィスタカハシ」をスタート。
  • 現在もカイロプラクティック先進国である米国にて開催される学会の出席を重ね、世界水準の技術と知識の修得に励む。

なぜ私が治療家になったのか...


私は祖父が医師という環境に生まれ育ち、物心ついた頃から
医療が身近な存在にありました。

そんな祖父の口癖が「人の役に立てる人間になりなさい」でした。
様々な不調を抱えてくる患者さんを笑顔に変えていく祖父を、幼心に眩しく見えたのを思い出します。

進路選択でどうすればよいのかと思い悩んでいた時、突然ふと祖父の「人の役に立てる人間になりなさい」の言葉が頭をよぎり、治療院業界に進むことを決めました。

その後、無我夢中で勉強し、渡米と数万の臨床経験を重ね2006年4月、現在の立川の地に色々な方々に支えられ開業することができました。

時が過ぎるのは早いもので開業から10年が過ぎ、少し位は皆様のお役に立てるまでになっているのではないかと勝手ながら思っております。

しかし、既に他界している祖父の墓前で手を合わせると「まだまだ半人前じゃ」と厳しい声が聞こえてきそうです。

これから先も一人でも多くの方々のお役に立てるよう努力していきます。
もしあなたが何か体のことでお困りでしたら、何でもご遠慮なくご相談ください。お力になれるよう、全力でサポートしていきます。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。